「Windows Updateをしたら、ログイン後、真っ暗になって何もできない。マウスのカーソルはでるが、スタートボタンやアイコンも出ない。助けてほしい。」とのご相談。
早速、出動!!!

とりあえず、Windowsの修復から「システムの復元」を試してみたけど、「復元は成功しても」症状は改善せず。
続いて、「セーフモード」での起動を試みたけど、こちらも「画面は真っ暗」のまま。

もう「リストア」や「リカバリ」しかないかと思っていたところ、下記の方法でソフトの再インストールなど手間のかかる「リストア」や「リカバリ」を回避することができました。

1.画面は真っ暗ですが、キーボードから「Ctrl + Alt + Del」で「タスクマネージャー」を起動。
2.「タスクマネージャー」のファイルから「新しいタスクの実行」をクリック。


3.「名前」の部分に「control userpasswords2」と入力し「OK」をクリック。


4.「ユーザーアカウント」で「追加」をクリック。


5.「microsoftアカウントを使わずにサインインする」を選んで「次へ」ボタン。


6.ユーザーの追加で「ローカルアカウント」をクリック。


7.ユーザーの追加で、適当な「ユーザー名」を入力して「次へ」ボタン。


8.これで新しいユーザーができたので、またキーボードから「Ctrl + Alt + Del」、今度は「ユーザーの切替」をクリック。
9.新しいユーザーでログインすると、スタートボタンもアイコンももとのまま。

これで、なんとか「リストア」や「リカバリ」を回避することができます。
あとは、新たに作った「ユーザー」を管理者に変更して、ユーザーデータを移動すれば、なんとか以前と同じ状態で利用できると思います。

それにしても最近のWindows Updateは結構トラブルが多いですね。